30代〜年齢肌の悩みの原因はV型コラーゲンの減少だった!

「30代を過ぎたあたりから肌のコンディションが整いづらくなった」「20代まで肌荒れとは無縁の生活だったのに、30代になってからは無理をするとすぐに肌がボロボロに...」このような悩みを抱える30代以降の女性は少なくありません。では、なぜ30代を超えるあたりから肌の悩みが増えていくのでしょうか。

 

30代からの年齢肌の悩み、その原因は「V型コラーゲン」の減少にありました。V型コラーゲンとは、別名ベビーコラーゲンとも呼ばれ、生まれたばかりの赤ちゃんの肌に最も多く存在する成分です。赤ちゃんのぷるっと弾けるようなハリのある肌は、このV型コラーゲンによるものだったのですね!

 

しかしこのV型コラーゲンは25歳くらいから急激に失われていきます。そのため、30代に差しかかる頃になると肌の乾燥やたるみ、シミやシワといった様々なトラブルに悩まされるようになります。つまり、V型コラーゲンの減少をくい止めることができれば、年齢を重ねてもふっくらとした美しい肌を保つことができるというわけです。

 

そこで注目したいのが卵殻膜!卵殻膜には失われていく一方のV型コラーゲンの生成をサポートして、肌をより良い状態に導く働きがあります。ですから30代を過ぎたからといって、「もう20代の頃のようなハリのある肌には戻れないのか...」と、落ち込む必要はないのです。

 

「V型コラーゲンを作り出す」という嬉しいパワーを持った卵殻膜を効率的に摂取することができれば、30代からの年齢肌トラブルに対抗することができるでしょう。では次に、V型コラーゲンをたっぷりと含んだ注目の美肌コスメについて見ていくことにしましょう。

TOPへ