卵殻膜エキスとは?毛穴・シワ・シミたるみに効果?

「30歳を過ぎてから肌のたるみや毛穴が気になるようになってきた」「なかなか消えないシミやシワをどうにかしたい!」そうした年齢からくる肌の悩みを抱えている方にぜひ知ってほしい成分があります。それが「卵殻膜エキス」です。

 

卵殻膜エキスとは、文字通り「卵の殻の内側についている、0.07mmほどの白くて薄い膜」のことで、ゆで卵を作ったときのことをイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。卵の殻にくっついていて、普段は捨ててしまっている部分こそが卵殻膜です。

 

そんな卵殻膜は近年の研究により、肌のたるみや毛穴、シミやシワといったあらゆる肌トラブルに高い効果が期待できるということが分かってきました。そもれそのはず、卵殻膜は肌が本来持っているパワーを引き出してくれる15種類以上のアミノ酸から作られているのです。では、卵殻膜エキスによってどのような効果が得られるのか、具体的に見ていくことにしましょう。

 

気になる肌のたるみや毛穴に効果あり!

肌のたるみや毛穴トラブルは、肌の乾燥や皮脂の過剰分泌、加齢にともなって肌にハリが失われることなどが原因で発生するといわれています。卵殻膜エキスには年齢を重ねることで少しずつ失われていくV型コラーゲンが豊富に含まれていますから、つややかで滑らかな素肌を取り戻すことができるのです。

 

なかなか消えないシミやシワにもアタック!

卵殻膜には美白や肌のターンオーバーをうながしてくれる「シスチン」が一般的な女性の肌に比べて5倍以上も含まれているということからも、その美白効果の高さを知ることができます。さらに卵殻膜には体内でエネルギーを生み出す役割をもった「ミトコンドリア」を活性化させるという働きがあるため、ハリのある美肌を目指すことができるのです。

TOPへ